【保存版】幼稚園・保育園の入園準備!必須グッズの賢いそろえ方

幼稚園や保育園への入園が決まったら、次は子供が園内で使うものを用意してあげる必要があります。
入園前の説明会を聞くと、作るものや名前を入れるものの多さにびっくりしてしまいますよね。
こちらでは入園準備に必要なものと、選び方のコツをご紹介しています。
園での生活が始まる前に、必要なものを上手に準備しましょう!

万全の入園準備のポイント

こちらでは入園前の準備でやっておきたいこと、気をつけたいことをまとめています。
全国的にチェーン展開する大型ベビー用品専門店の賢い使い方、こだわりたいグッズを取り扱うお店などをしっかりチェックしておきましょう。
実際に入園準備をした経験のある先輩ママや先輩パパたちの声をもとにしているので、参考にしてくださいね。

 

 

入園説明会に行って必要なものをリストアップする


 
入園準備というと早めに始めた方が安心と思われがちですが、すべてのものを何ヶ月も前から用意する必要はありません。
まず入園説明会に行って、必要なものを確認しましょう。
園によってはタオルや入れ物などにサイズ規定があったり、装飾の制限がある場合もあります。
事前に用意したものが園の規格外ではもったいないので、ギリギリに入園準備を持ち越すのが不安な方は、買っておきたいグッズの目星だけつけておくことをおすすめします。
買いたい商品があるお店を見つけておくだけでも、入園準備がスムーズにできますよ!

 
 

グッズを購入するお店を決める

必要なグッズのリストができたら、それぞれどこで購入するか決めましょう。
まず全体の予算を踏まえて、必要なものを「ある程度お金をかけたいグッズ」、「費用を抑えたいグッズ」に分けます。
費用を抑えたいグッズは「西松屋」や「アカチャンホンポ」といった大型ベビー用品専門店で比較的お手ごろ価格のグッズを見つけやすいですよ。
ある程度お金をかけたいグッズは、ベビー用品を取り扱う実店舗に行ってみたり、通販サイトを活用するのがおすすめ。
出産祝いにもらったベビー用品のブランドを調べると、上質なグッズに出会えるかもしれません。
なかなかピンと来る商品が見つからないときには、Instagramのハッシュタグから探すのも手ですよ。
例えば通園用のバッグを探したいときには、Instagramのアプリから「#通園バッグ」でハッシュタグ検索をすることで1万以上の投稿記事を参考にすることができます。
ぜひ使ってみてくださいね!

 
 

簡単に記名できるアイテムを揃える


 
入園準備の要といえば、各グッズへの記名。
必要なものが揃ってくると、子供の名前を入れるものの多さに滅入ってしまうかもしれません。
最近ではペンでひとつひとつ名前を書くよりも簡単に記名できるアイテムが増えているので、使えそうなものを用意することをおすすめします。
例えば保育園の場合、子供が使うおむつひとつひとつに名前を入れる必要がある園もあります。
大量のおむつに一気に名前を入れることができるアイテムには、シャチハタの「おむつポン」などがありますよ。
油性インクのスタンプやお名前シールなどを活用して、効率よく記名していきましょう♪

 
 

手作りは計画的に

手提げ袋やシューズ袋などを手作りしたい人は、効率よく準備できるように計画を立てましょう。
手芸が趣味の人は準備するものや完成までの時間が把握しやすいですが、あまり手作りの経験がない方はなるべく完成までの流れを想像しておくと、スムーズに作ることができますよ。
まず生地や糸は手芸屋さんで探すのか通販で探すのかを考えます。
そして手作りしたいものはいくつあって、お手入れ方法や素材感はどんなものが良くて、それぞれ何メートルの生地が必要なのかなど、商品購入に関することを確認しましょう。
また家にミシンがない場合は購入する以外にも、レンタルしたり、ミシンがあるカフェ(通称ミシンカフェ)を活用する方法があります。
いざ作業をするときには、必要に応じてママ友や親と協力できないか連絡を取りあう場合もありますね。
完成までの流れを想像するのは難しいことですが、グッズの購入から製作までに確認がいる項目を箇条書きにして書き出すだけでも計画的に作業できます。

 
 

長く使うものはデザインにこだわる


 
入園から卒業まで使うものや毎日使うものは、デザインや機能を考えて選びましょう。
子供は成長するにつれて好みが生まれてきます。
卒園までずっと使う通園バッグなど長く使うものは、子供の好みを選ばないシンプルなものを選ぶことをおすすめします。
また長く使える、丈夫な生地や仕立てができているのかどうかも確認したいところ。
すべてのグッズにこだわると予算に合わなくなってしまうので、お金をかけたいもののメリハリをつけておきましょう。

 
 

 
 

【保育園】入園までに準備したいものとおすすめ商品

着替え・衣類

・肌着
 
・靴下
低年齢のクラスは子供の転倒防止のため素足で過ごす方針の場合もあります。
 
・レインコート
 
・水着
園によっては夏場に水遊びをするところもあります。確認しておきましょう。
 
・お外用の服

 
 

通園に必要なもの

・通園バッグ
卒園まで使うので、丈夫で好みを選ばないデザインのものがおすすめです。
 

子供用リュックのおすすめ

保育士さんにお名前を覚えてもらえるリュック

BabyGooseのNamingリュック
 
よちよち歩きができるようになってから4歳くらいまで長く使うことができるベビーリュック。
肩紐がずれ落ちないように胸ベルトがついているので、子供が元気いっぱい動き回っても安心です。
まあるいフラップにお名前刺繍が入るので、他の子の通園バッグとも間違えにくいですよ。
保育士さんやお友だちにお名前を覚えてもらいやすいから、子供も保育園に行くのを楽しんでくれるかもしれませんね♪
 

Namingリュックの口コミ

「センスがいいね!」とパパとママにも好評だったようで、喜ばれてこちらまでうれしくなりました
引用元:楽天

保育園に持って行っても他の子とは違いがありオーダー感があり満足しています。
引用元:楽天

保育園での先生達にも好評のようでうれしいです。
引用元:楽天

名前入りだしお友達にも名前を覚えられやすくていいみたいです。
引用元:楽天

 

商品名 Namingリュック
対象年齢 6ヶ月ころ~4歳くらい
素材 綿100%キャンバス地
カラー ピンク・ブルー
製造 日本製
 

Namingリュック

参考価格 5,800円 (税込 6,264 円)
 

BabyGoose 楽天
 
BabyGoose 本店

※価格は、2018年1月15日現在の情報を引用しています。
 
 
 
 
・運動靴
 
・長靴
素材やデザインのほか、重さもチェックしたいところ。軽くて動きやすいものがおすすめです。
 
・上履き
足の甲にゴムがついたバレエシューズがおすすめ。脱げにくく履きやすいデザインを選びます。
 
・日よけ帽
 

日よけ帽のおすすめ

かわいくUV対策できるチューリップ帽子


 
通園中のポカポカした日差しは子供にも心地よく感じられると思いますが、紫外線も気になるところ。
しろくまさん帽子は、くまさんの日よけ、あごひもにも手作りのくまさんのお顔がついたかわいいフォルム。
99%以上紫外線をカットできるので、日差しの強い日の通園も安心ですよ。
 

しろくまさん帽子の口コミ

実用的であるにも関わらずとても可愛いのも魅力です。
引用元:楽天

外出しているとほぼ100%知らない方にかわいい!と声をかけられます。
引用元:楽天

この可愛さでUVカットの機能もあるなんでスゴイ!
引用元:楽天

 

しろくまさん帽子

参考価格 4,000円 (税込 4,320 円)
 

BabyGoose 楽天
 
BabyGoose 本店

※価格は、2018年1月15日現在の情報を引用しています。
 
・傘
初めての傘の場合、40cm程度の小さめで持ちやすいサイズがおすすめ。周囲に注意してもらいやすい目立つ色を選びましょう。
 
・防寒着
 

子供用防寒着のおすすめ

背中に入った大きなお名前ワッペンがかわいいアウター

BabyGooseのNamingジャンパー
 
職人が手作業で背中に大きくお名前を入れるNamingジャンパー。
お名前のワッペンだけでもインパクトがあるので、保育士さんやお友達にも名前を覚えてもらいやすいですよ。
フードがついていないので、園でフードの制限があっても着ることができます。
 

Namingジャンパーの口コミ

襟はウサギですが、フードではないので保育園で着ても問題ないですし、洗濯機でザブザブ洗えるので普段用にガンガン着ました。
引用元:楽天

デザインがかわいいので保育園の先生方に絶賛されました。
引用元:楽天

名前入りの服ってなかなかないので保育園でも珍しがられ、見る保護者からは毎回可愛いと言ってもらえてます。
引用元:楽天

保育園は名前を全ての持ち物に書かなくてはいけませんが、このジャンパーは書く必要もなく、みんなに名前を覚えてもらえるところが良い!!
引用元:楽天

毎日バスで保育園に通園しているので、汗をかいてバスに乗る時などにさっと着せられ、タオル地なので汗も吸い取ってくれるので、とても重宝しています。
引用元:楽天

 

商品名 Namingジャンパー
サイズ/対象年齢 90cmサイズ:4,5ヶ月ころ~2歳くらい
素材 アメリカンシャーリングタオル(綿100%)
カラー ピンク・ブルー
製造 日本製
 

Namingジャンパー
Namingジャンパー

参考価格 9,000円 (税込 9,720 円)
 
BabyGoose 本店
 

BabyGoose 楽天
 
BabyGoose Yahoo!ショッピング

※価格は、2018年1月15日現在の情報を引用しています。
 

・ハンカチ
 
・ティッシュ

 
 

食事に必要なもの

・お弁当箱
液漏れしにくい蓋がついているか、洗いやすく子供も開け閉めしやすいものか確認しましょう。
 
・ランチョンマット
 
・水筒
保冷や保温ができるかどうか、洗いやすくて清潔に保てるデザインか見ておきます。
 
・はし、フォーク、スプーン
子供が正しく握ることができるよう、持ちやすさや手の大きさに合ったサイズのものを選びましょう。

 
 

おひるねに必要なもの

・パジャマ
園によって必要な場合があります。脱ぎ着がしやすいデザインを選びましょう。
・シーツ
 
・布団カバー
春夏用と秋冬用を探します。

 
 

園での生活に必要なもの

・ループ付きタオル
ループは手作りでも。肌触りがよく、毎日洗ってもよれにくいレビューがあるものを選びましょう。
 
・コップ
小さい子は持ち手がついているものがおすすめ。割れにくく、軽い素材のものを探しましょう。
 
・歯ブラシ、歯磨き粉
 
・お道具箱
園の指定サイズを参考に探しましょう。
 
・えんぴつ
筆圧が弱くても書きやすい、やわらかい芯のものを選びます。
 
・色えんぴつ
 
・はさみ
先端が丸く、握りやすいものを選びます。切れ味が悪いとかえって子供が無理に切ろうとして危険なので、簡単に切ることができるものがおすすめ。
 
・のり
 
・クレヨン
舐めても安全な素材かは要チェック。水で落とせたり、小さな手でも握りやすいデザインかどうかもみておきましょう。
 
・お絵かき帳
 
・ねんど
 
・鍵盤ハーモニカ
園で鍵盤の数や音域の指定がある可能性があります。特にない場合、音域は「アルト」を選びましょう。

 
 

袋など入れもの

・上履き袋
 
・お弁当袋
 
・手提げ袋

 
 
 
 

【保育園】0歳~1歳児の入園で必要なもの

0~1歳の赤ちゃんを保育園に入園させる際は、上記に加えてこちらのリストも参考にしてください。

おむつ

・おむつ
おむつ一つ一つに記名する必要がある場合もあります。おむつの記名専用スタンプも販売しているので確認しましょう。
 
・おむつ用ビニール袋
 
・おしり拭き
園によってケースがついていないものを指定している場合があります。入園前に確認しましょう。

 
 

園での生活に必要なもの

・お食事用スタイ
 
・よだれ用スタイ
園によって保育士さんがつけやすいデザインに指定される場合があります。確認しておきましょう。
 
・哺乳瓶、粉ミルク
 
・離乳食用の食器類
離乳食をはじめた子は、その子に合った食器やスプーンを用意してあげましょう。

 
 
 
 

【幼稚園】入園までに準備したいものとおすすめ商品

食事に必要なもの

・お弁当箱
液漏れしにくい蓋がついているか、洗いやすく子供も開け閉めしやすいものか確認しましょう。
 
・水筒
保冷や保温ができるかどうか、洗いやすくて清潔に保てるデザインか見ておきます。
 
・ランチョンマット
 
・はし、フォーク、スプーン
子供が正しく握ることができるよう、持ちやすさや手の大きさに合ったサイズのものを選びましょう。
 
・コップ
小さい子は持ち手がついているものがおすすめ。割れにくく、軽い素材のものを探しましょう。
 
・ループ付きタオル
ループは手作りでも。肌触りがよく、毎日洗ってもよれにくいレビューがあるものを選びましょう。

 
 

袋など入れもの

・上履き袋
 
・お弁当袋
 
・手提げ袋
園によってサイズ指定がある場合があります。
 
・体操服入れ

 
 

道具類

・お道具箱
 
・えんぴつ
 
・色えんぴつ
 
・はさみ
先端が丸く、握りやすいものを選びます。切れ味が悪いとかえって子供が無理に切ろうとして危険なので、簡単に切ることができるものがおすすめ。
 
・のり
 
・クレヨン
舐めても安全な素材かは要チェック。水で落とせたり、小さな手でも握りやすいデザインかどうかもみておきましょう。
 
・お絵かき帳
 
・ねんど
 
・鍵盤ハーモニカ

 
 

通園に必要なもの

・制服
 
・制帽
 
・スモック
 
・運動靴
 
・通園バッグ
 

子供用リュックのおすすめ

保育士さんにお名前を覚えてもらえるリュック

BabyGooseのNamingリュック
 
よちよち歩きができるようになってから4歳くらいまで長く使うことができるベビーリュック。
肩紐がずれ落ちないように胸ベルトがついているので、子供が元気いっぱい動き回っても安心です。
まあるいフラップにお名前を刺繍できるので、他の子の通園バッグとも間違えにくいですよ。
保育士さんやお友だちにお名前を覚えてもらいやすいから、子供も保育園に行くのを楽しんでくれるかもしれませんね♪
 

Namingリュックの口コミ

「センスがいいね!」とパパとママにも好評だったようで、喜ばれてこちらまでうれしくなりました
引用元:楽天

保育園に持って行っても他の子とは違いがありオーダー感があり満足しています。
引用元:楽天

保育園での先生達にも好評のようでうれしいです。
引用元:楽天

名前入りだしお友達にも名前を覚えられやすくていいみたいです。
引用元:楽天

 

商品名 Namingリュック
対象年齢 6ヶ月ころ~4歳くらい
素材 綿100%キャンバス地
カラー ピンク・ブルー
製造 日本製
 

Namingリュック

参考価格 5,800円 (税込 6,264 円)
 
BabyGoose 本店
 

BabyGoose 楽天
 
BabyGoose Yahoo!ショッピング

※価格は、2018年1月15日現在の情報を引用しています。
 

・傘
初めての傘の場合、40cm程度の小さめで持ちやすいサイズがおすすめ。周囲に注意してもらいやすい目立つ色を選びましょう。
 
・レインコート
 
・長靴
 
・日よけ帽
 

日よけ帽のおすすめ

かわいくUV対策できるチューリップ帽子


 
通園中のポカポカした日差しは子供にも心地よく感じられると思いますが、紫外線も気になるところ。
しろくまさん帽子は、くまさんの日よけ、あごひもにも手作りのくまさんのお顔がついたかわいいフォルム。
99%以上紫外線をカットできるので、日差しの強い日の通園も安心ですよ。
 

しろくまさん帽子の口コミ

実用的であるにも関わらずとても可愛いのも魅力です。
引用元:楽天

外出しているとほぼ100%知らない方にかわいい!と声をかけられます。
引用元:楽天

この可愛さでUVカットの機能もあるなんでスゴイ!
引用元:楽天

 

しろくまさん帽子

参考価格 4,000円 (税込 4,320 円)
 
BabyGoose 本店
 

BabyGoose 楽天
 
BabyGoose Yahoo!ショッピング

※価格は、2018年1月15日現在の情報を引用しています。
 

・防寒着
 

子供用防寒着のおすすめ

背中に入った大きなお名前ワッペンがかわいいアウター

BabyGooseのNamingジャンパー
 
職人が手作業で背中に大きくお名前を入れるNamingジャンパー。
お名前のワッペンだけでもインパクトがあるので、保育士さんやお友達にも名前を覚えてもらいやすいですよ。
フードがついていないので、園でフードの制限があっても着ることができます。
 

Namingジャンパーの口コミ

襟はウサギですが、フードではないので保育園で着ても問題ないですし、洗濯機でザブザブ洗えるので普段用にガンガン着ました。
引用元:楽天

デザインがかわいいので保育園の先生方に絶賛されました。
引用元:楽天

名前入りの服ってなかなかないので保育園でも珍しがられ、見る保護者からは毎回可愛いと言ってもらえてます。
引用元:楽天

保育園は名前を全ての持ち物に書かなくてはいけませんが、このジャンパーは書く必要もなく、みんなに名前を覚えてもらえるところが良い!!
引用元:楽天

毎日バスで保育園に通園しているので、汗をかいてバスに乗る時などにさっと着せられ、タオル地なので汗も吸い取ってくれるので、とても重宝しています。
引用元:楽天

 

商品名 Namingジャンパー
サイズ/対象年齢 90cmサイズ:4,5ヶ月ころ~2歳くらい
素材 アメリカンシャーリングタオル(綿100%)
カラー ピンク・ブルー
製造 日本製
 

Namingジャンパー
Namingジャンパー

参考価格 9,000円 (税込 9,720 円)
 
BabyGoose 本店
 

BabyGoose 楽天
 
BabyGoose Yahoo!ショッピング

※価格は、2018年1月15日現在の情報を引用しています。
 

・ハンカチ
 
・ティッシュ

 
 

園での生活に必要なもの

・カラー帽子
園によって指定がある可能性があります。説明会で確認しましょう。
 
・体操服
 
・上履き
足の甲にゴムがついたバレエシューズがおすすめ。脱げにくく履きやすいデザインを選びます。

 
 
 
 

まとめ

待ちに待った入園が近づくと、子供はもちろん、パパやママも期待と不安でいっぱい。
子供の幼稚園・保育園生活が充実したものになるよう、入園前の準備は完璧にしておきたいですよね。
でも園での生活は、必ず保育士さんや同じクラスのママたちがサポートしてくれます。
あまり気を張らず、楽しく入園準備ができるように心がけてくださいね。

 
白金台のベビー用品専門店BabyGoose(ベビーグース)では、幼稚園や保育園にあがってからも使うことができるベビーリュックや防寒具などを取り揃えています。
毎日の通園が楽しくなる、かわいくて高機能なアイテムが見つかるので、ぜひのぞいてみてくださいね♪

 
 
白金台のベビー服専門店BabyGoose WEB本店はこちら

 
 
 

 
関連記事